MENU

お母さんと子供

Mother and child

妊娠中・授乳中の方へ~妊娠性歯肉炎について~

妊娠中・授乳中の方

妊娠中は、身体だけでなくお口の中にも大きな変化が訪れます。デンタルケアがそれまでのように行えなかったり、間食が増え口腔内が酸性に傾きがちになったりして、虫歯や歯周病になりやすいのです。

また、妊婦さんに特に気をつけていただきたいのが、歯周病と同じような症状が出る「妊娠性歯肉炎」です。妊娠中期には妊婦さんの半数以上が妊娠性歯肉炎にかかっているとも考えられています。適切にコントロールすれば重症化することはありませんが、放置すると早産や低体重児出産などのトラブルにつながりますので、歯科医院を定期的に受診して未然に防いでいきましょう。

あざみ野フォレスト歯科では、おむつ台、キッズスペースも完備しています。歯医者に対して「痛い」「怖い」といった苦手意識のあるお子さまにも親しんでいただけるような空間作りを心掛けています。
※当院は横浜市妊婦歯科検診に対応しております。

子どもの歯を将来まで守る~小児歯科~

あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯医者「あざみ野フォレスト歯科」では、お子さまの歯をいつまでも健康に保っていただけるよう、小児歯科に力を入れています。お子さまが自分から歯科診療や治療に臨めるよう、さまざまな工夫にも取り組んでおります。子どもの歯を守りたいという保護者の方へのアドバイスも行っていますので、お子さまの歯に気になることがあれば、なんでもお気軽にご相談ください。

子どもの歯について

子どもの歯について

子どもの生えたての歯(乳歯・永久歯ともに)は、大人の歯よりもやわらかく、虫歯になりやすいことをご存知ですか? そのため、大人の歯とは違った観点で予防や治療を行う必要があるのです。当院では、歯や口腔内環境はもちろん、年齢や発達段階に応じて、お子さま自身が将来自分の歯を守れるようになるまで、健康なお口を維持できるようサポートいたします。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導
ブラッシング指導

歯を虫歯から守る基本となるケアが、ブラッシングです。ブラッシング習慣やみがき方次第で、虫歯をしっかり予防することができます。当院では、お子さまのお口に合ったブラッシング指導を行います。保護者の方へは、仕上げみがきのアドバイスなども行いますので、いつでもお気軽にご相談ください。

フッ素塗布
フッ素塗布

歯質を強化するフッ素は、子どもの虫歯予防に非常に効果的です。定期的な塗布で、虫歯に対する抵抗力が高まります。また、ごく初期の虫歯なら、フッ素塗布によって自然に治ることも期待できます。当院で行うフッ素塗布は、市販のフッ素よりも高濃度で効果が高いものを使用しています。ぜひ定期的にご利用ください。

シーラント
シーラント

シーラントは虫歯になりやすい子どもの奥歯に行う予防処置です。奥歯の咬み合わせ面にある複雑な溝は、しっかりとブラッシングしにくく汚れが残りがち。シーラントでは、この溝をあらかじめ塞ぐことで、ブラッシングしやすくし、虫歯を予防します。

治療前のトレーニング

治療前のトレーニング

あざみ野、たまプラーザ駅からアクセスできる、横浜市青葉区の歯医者「あざみ野フォレスト歯科」では、お子さまが歯医者に苦手意識をもたないよう、治療前のトレーニングを行っています。その子の年齢に合わせて、歯を大切にすることの重要性や、これからどういったことをして、どういいことにつながるかをお話しします。また、見慣れない器具や歯科医院の雰囲気に慣れてもらえるような工夫も徹底。お子さま自身が自分で診療を受けようと思えるまでじっくりと待ち、お子さまが歯医者に恐怖心や不安感を抱かないよう信頼関係を築き、丁寧なやりとりを重視しています。

中には押さえつけてでも治療をしてほしいという親御さんもいらっしゃいますが、当院ではお子さまのお口の健康のためとはいえ、なるべくそのような治療は行いません。早急な処置が必要な場合については、この限りではありませんが、できれば避けたいことです。そのため、お子さまのお口に異変を感じたら、できるだけ早めに当院へご相談ください。なにより問題がないときからの予防につとめることが、お子さまの歯を健康につながる近道です。ぜひお気軽にご利用ください。

「できるだけ痛くなく」治療はしますが、穴ができているような虫歯は1回では終わらないことがほとんどです。その都度、麻酔したり、歯を削ったりもします。泣いて治療ができなくなっても虫歯が悪化してしまうよりも何度か通院してもらって歯科治療に慣れてもらうことが必要です。子どもが暴れて治療が困難あるいは危険なことがあります。その場合、その日は治療は行わないつもりです。子どもを抑えつけての治療は私はあまり好みませんが、保護者の方が希望すれば治療はします。グズグズしている子どもの治療はその日はしないつもりです。その場合、日を改めて治療を行います。「治療に何回かかるか?」とよく聞かれますが、上記のようなことがあるとはっきりとした回数は申し上げられませんので、ご了承ください。あまりにも治療困難なケースでは、小児歯科専門医をご紹介致します。

お子さまが喜ぶキッズスペース

あざみ野フォレスト歯科では、お子さまが歯医者に親しんでいただけるよう、待合室そばにはキッズスペースをご用意しています。歯科受診の大切さをしっかり理解していただけるようつとめています。
pagetop